Tamami Fujiwara

For as long as I could remember, my father was frequently drunk and abusive to my family. Growing up, I was taught to please my father and suppress my voice. So when I got married and became pregnant, I felt like I could finally start my own new life. In 2009 I became pregnant via fertility treatments, but not long after I had a miscarriage. This came a year after losing my father to lung cancer, and these events combined to put me in a figurative dark hole. I didn’t know how to climb out of the hole and didn’t even want to try. All I could think of was to end my life. That was the time I went to the self-well-being section of the bookstore. There she was, Byron Katie, smiling at me from the bookshelf. It was Loving What Is. This is how The Work came into my life—and how my outlook on life has changed 100% for the better.

My discovery of The Work has given me a tool to better identify my stressful thoughts and understand my behavioral patterns. I realized that I had accumulated years of resentment toward my father on the grounds that he was manipulative and abusive. By questioning my stressful thoughts caused by this relationship, I could better recognize that my father loved me the best way he knew and he was always honest with me. This was a revelation for me and it was quite radical to gain a perspective so different from what I had believed for so many years. Once my mind could comprehend the truth behind my stressful thoughts (a story I was creating myself), those thoughts started letting me go. The Work has provided me a great way to understand what really causes my suffering in a given moment. And just as importantly it has taught me how to accept and love myself, and in turn, love others.

One big shift (so many have happened in my life) since I started questioning my thoughts is that I have been able to clear my mind for greater things. This has recently culminated in my ability to finally earn a college degree. In my early twenties, I dropped out of college but never had the courage to tell my parents. I lived with guilt and shame over this for a long time. Considering my Japanese upbringing and cultural expectations, an unfinished education (and the circumstances around it) was a real source of guilt for me. But now twenty years later, after being introduced to The Work, I had the courage and determination to go back to school and recently graduated with a B.A. in Social Work. I went from college dropout to graduating with honors.

Through my college internship, I have connected with many people facing serious life issues such as mental illness, domestic violence and homelessness. A big goal for me is to bring The Work to people who are at risk and to have it make a difference in their lives.

These are some areas I have experienced personally and in which I would love to support you:

Child abuse
Domestic violence
The isolation of living in a foreign country as a non-native English speaker
The death of a father
Divorce
Miscarriage
Delinquency as a teenager
I am deeply grateful and passionate for The Work and have a genuine passion for sharing it. I am open to and enthusiastic about hosting presentations and workshops. I offer private one-on-one sessions over Skype, phone or in-person. As a native Japanese speaker, I am happy to offer these services in both English and Japanese. Please feel free to contact me for more information. I look forward to hearing from you.

I offer private sessions, individualized retreats and workshops. These events are accredited for ITW candidates—please ask about the number ofeligible credit hours.

Learn more at my website www.bestfriendofmind.com or feel free to contact me directly.

「お前って本当に馬鹿だな!」「何一つまともにできないんだな!」このような言葉を父から毎日のように聞きながら育ってきた私は、いつの間にか困難なことに立ち向かう度に、「いっそ死んでしまったら楽になれるのに。」と思うようになっていました。2008年10月、暴言を吐き続けた父が他界し、その後アメリカ人の夫と自分なりの家庭を築こうと、不妊治療を受けてやっと授かり妊娠。しかしその喜びも束の間、わずか8週間で流産した私は、過去に何度も叫んできた言葉、「死んでしまいたい、死んでしまいたい。」と思うようになりました。そんなある日ブックストアでLoving What Is (ワーク)の本のカバーのケイティが私にやさしく微笑んでいたのです。吸い込まれるように手に取り、時には大泣きしながら3日間で一気に読み終えていました。

ワークを知る前は、「人って信用できない」、「私の何かが間違っている」、「人は私を嫌っている」、「仲間に入っていけない」、「自分の居場所がない」、「一体何をすればいいのか判らない」という孤独感を持ちながら生きていました。このような孤独感で押しつぶされそうな時は、あまりの悲しみにベッドから起き上がれない日もあれば、ひたすらお酒を飲む。そんな日々を過ごす事もありました。また、独りになるのが怖く、男性との恋愛関係こそが自分の人生で最も大切なもの、とそう信じていたのです。

2010年3月に初めてバイロン・ケイティのThe School for The Workへ参加しました。2008年に父が癌で逝く数か月前から椎間板ヘルニアを患い、長時間座ることも立つこともできなかった私でしたが、このスクールで腰痛について質問している最中にすーっと痛みが消えていったのです!自分でも信じられませんでしたが、私の心の根底にある幼少期からの深い傷、孤独感、人間関係が椎間板ヘルニアという形で表れていたのかもしれません。そのときワークを自分の人生に取り入れていこう、と強く思ったのです。

ここからはワークを取り入れた私の成果をお話しします。ここ20年ほど自分が最もうしろめたく、恥ずかしく思っていることがありました。それは4年生大学を親に内緒で中退していたことです。誰にも知られたくない秘密として、ずっと隠し通してきたのです。あれから20年後の2011年、主人の強い勧めもあり、大学に戻ることになりました。20代の人たちと一緒に勉強することに正直抵抗はありましたが、私には「ワーク」という素晴らしいツールがあったのでがんばることができたのです。案の定、授業内容が難しくもう辞めてしまおうと思ったこともありましたし、宿題と仕事の両立が難しく辞めてしまおうと。そんな思いが何度かありましたが、そのたびにワークで自分のストレスや恐怖心をさらけ出し質問し、そして乗り越えてきました。それ以外でもワークのおかげで集中力が増し、気が付けば成績はオールA。2013年6月に卒業するときには、全生徒のトップ10%、最優秀生徒の1人として表彰され、自分でも信じられない成績で無事に卒業を迎えることができたのです。

ワークを自分の人生に取り入れて以来、本当は人って皆似た考えをもって生きているということに気が付きました。また「自分の居場所がない」と彷徨い続けた私でしたが、自分が今いるその場所こそが「自分の居場所」なのだということにも気が付きました。そして、自分の人生で最も大切なものとは、男性との恋愛関係ではなく、自分自身との関係であることにようやく気付かされたのです。

過去に自分の体験したエリア:

  • 家庭内暴力
  • 不良行為
  • いじめ (被害者・加害者)
  • 恋愛中毒(多数の異性との関係)
  • 孤独感、疎外感(海外在住)
  • 父の死
  • 離婚
  • 流産
  • 自殺念慮

このほか、自分の体験したエリア以外で性病に悩んでいる方や同性愛で悩んでいる方々などと一緒に日々ワークに取り組んでいます。一緒に苦痛・ストレス・不快の『もと』を探し当てませんか?日本語のプライベートセッションを提供しています。どうぞお気軽にお電話、eメール、Skypeでご連絡ください。お待ちしています。

United States, Washington
English, Japanese
tamami.fujiwara