fbpx
At Home with BK on Zoom
Sign Up Here »

Kaori Igarashi

I have spent most of my life as a seeker, searching for real happiness. In 2002, my search for “truth” led me to the UK, where I spent more than 10 years as part of the alternative living community known as the Findhorn Foundation.

During that time, I learned to meditate, but my monkey mind kept shouting in my head, telling me what I must do, what I should do. Through my spiritual practice, I learned that I should always love people and not judge them. That just caused more inner conflict as I tried to ignore and suppress my thoughts about people.

I learned about non-duality, and that “you are not your thoughts.” I could understand intellectually that believing your thoughts is the cause of suffering, but I had no idea what to do about it. Then someone told me about this woman named Byron Katie who taught a simple method to question your stressful thoughts. It was called The Work.

At the beginning, I found it difficult to fill in the Judge-Your-Neighbor worksheets. I felt like a terrible person just having those thoughts. But at the School for The Work, I met people from all over the world and discovered that we all have the same stressful thoughts. And I saw how The Work could help with every type of thoughts.

Since I started doing The Work as my daily practice, I find that I complain a lot less than I used to. It’s just too painful and boring to complain. Instead I write my complaints down on paper and do Inquiry on them. In this way my thoughts become my sweet children. They are innocent, and they all have something to teach me.

The Work has helped me connect with people while staying connected with myself. As my communication skills have improved, my relationships have softened.

I can still get annoyed, irritated, angry, disappointed, and hurt as I live my life, but there is less drama since The Work found me. I can allow those feelings their life; they can even be beautiful when I don’t resist them. Then I question the thoughts behind the feelings using the 4 questions and the turnarounds. Each time I do The Work, I find a little piece of that real happiness I used to be searching for.

I’m still a seeker, but now I seek to share this great gift of The Work. I have spent the past several years training to become a Certified Facilitator of The Work in order to make The Work more available to the people. I live in Tokyo, and I’m offering individual sessions of The Work, in person or by Skype or telephone. I also provide mini workshops to empower people through The Work.

I invite you to try The Work for yourself. My areas of speciality include financial difficulties, separation from partner, being single, illness, conflict in the workplace, living in different cultures, burn out.

私は人生のほとんどの時間、本当の幸せを探してきたように思います。2002 年、真実への探求 は、その後 10 年以上を過ごすことになる UK のオルタナティブ・コミュニティであり NGO のフィン ドホーン・ファウンデーションへと私をいざないました。

その期間、私は瞑想を学びましたが、あちこち飛び回る私のモンキーマインドは、ああしなければ ならない、こうするべきだと頭の中で叫んでいました。スピリチュアルな修行を通して、人を常に愛 し、ジャッジしないようにと学びました。しかし、人々に関する考えを無視し抑え込もうとすると、内 なる心の対立は一層深まるのでした。

「あなたは思考ではない」という非二元についても学び、思考を信じるから苦しむのだということを 知的レベルでは理解できましたが、どうしていいか全くわかりませんでした。すると誰かが、バイロ ンケイという人が考案した、ワークというストレスフルな考えを探求する方法があると教えてくれま した。

はじめは、ジャッジメントワークシートを書くことも容易ではありませんでした。そんな考えを持って いるだけでも、自分がひどい人間だという気がしました。でも、ザ・ワークのスクールでは世界中か らやってきた人々と出会い、私たちのストレスフルな考えは世界共通であることを発見したので す。そして、ザ・ワークがどんな考えも助けることができることを目の当たりにしました。

私がワークを毎日実践するようになりはじめて気が付いたのは、以前のように文句を言ったりする ことが少なくなったことです。文句を言うことは苦痛で退屈だとわかったのです。

そのかわりに、私の文句を紙に書き、問いかけます。こうすると、私の考えはかわいい子供たちに なるのです。子供たちは無垢で、いつも私に何かを教えてくれます。

ワークは私自身とつながりながら人とのつながりを作ることを助けてくれました。私のコミュニケー ションスキルは向上し、人間関係は柔らかになりました。

私はまだ、毎日の暮らしの中で腹を立てたり、イライラしたり、怒ったり、がっかりしたりしていま す。でも、ワークが私をみつけてからは、“ドラマ”が減ったようです。そのような感情があることを 認めるとともに、抵抗しなければそれらは美しくさえあります。そして、その感情の向こうにある考 えに 4 つの質問と置き換えをします。ワークをする度に、かつてずっと探していた幸せの一片を見 つけることができます。

私はまだ探求者です、でも、いまはこのワークという素晴らしいギフトをシェアすることに興味があ ります。ワークを広く知ってもらうためにザ・ワークの公認ファシリテーターになるトレーニングを何 年も受けました。

現在は東京に住み、電話やスカイプでの個人セッションや、エンパワーのためのミニワークショッ プを開催しています。とにかくワークをまず試してみることをお勧めします。私の専門分野は、経済

的困難、パートナーとの別れ、独身として生きること、病気、仕事場での人との対立、違う文化圏 に住む苦労、燃え尽きなどです。

Japan
English, Japanese
Newsletter Sign-Up
  • Please enter the code.
  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.